“不名誉”の読み方と例文
旧字:不名譽
読み方割合
ふめいよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし津村の気持では、自分の母が狭斜に生い立った人であると云う事実は、ただなつかしさを増すばかりで別に不名誉とも不愉快とも感じなかった。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
招待したお客の追従言葉を聞いてますます得意になって、しばらくたつうちにかえって一身およびその位置に対して不名誉を来たしてしまうことは、わが輩知人のうちにも折々見た。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
一家の不名誉と、恥辱は、このうえもないし、飼い主にとっても、大きな損害さ