“名硯”の読み方と例文
読み方割合
めいけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
都へ移った楊志は、さっそく持ち帰った荷をいて、地方でめた珠玉名硯、金銀の細工物など、とにかく金目な物を惜しみなく、大官たちへの賄賂に使った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
シナの名墨や、端溪などの名硯について、同様な研究をしてみたらいわゆる墨色とか、溌墨とかいう東洋の墨の神秘に科学的な説明がある程度まで与えられるかもしれない。
八幡馬と墨の研究 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
風雅の友が秦代名硯を手に入れたので、詩会を催すというから、こよいは一人で行ってくる」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)