“古柄杓”の読み方と例文
読み方割合
ふるひしゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荷物の上へせっかく捨てた古柄杓を、泡鳴氏は拾って載せた——あんなことをしなければ好いのにと、見ないふりをして眼をらしたが、冬の薄らが、かたむきかけたのをせた背に受けて
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)