“口寡”の読み方と例文
読み方割合
くちすくな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
口寡で、深切で、さらりと物にらず、それで柔和で、品が打上り、と見ると貴公子の風采あり、疾病に心細い患者はそれだけでも懐しいのに、謂うがごとき人品。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しい事には、此時お定の方が多く語つた事で、阿婆摺と謂はれた程のお八重は、始終受身に許りなつて口寡にのみ應答してゐた。枕についたが、二人とも仲々眠られぬ。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
しい事には、此時お定の方が多く語つた事で、阿婆摺と謂はれた程のお八重は、始終受身に許りなつて口寡にのみ応答してゐた。枕についたが、二人とも仲々眠られぬ。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)