“双龍”の読み方と例文
旧字:雙龍
読み方(ふりがな)割合
そうりゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“双龍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白光はっこうを噴いた双龍そうりゅうにも似る二人のあいだに、鏘々しょうしょうとして、火花が散った。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
双龍そうりゅうたまを争うところの図案を描いた扉である。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)