“双龍”の読み方と例文
旧字:雙龍
読み方割合
そうりゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬上から十四、五人の武士に、はげしく下知をしたふたりの武士、これなん、伊那丸幕下でも、荒武者双龍といわれている加賀見忍剣巽小文治のふたり。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だがそれとて一口に云えば、上海風ということが出来る。壁の一方に扉がある。双龍を争うところの図案を描いた扉である。一方の壁に窓がある。龕燈形の窓である。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
白光を噴いた双龍にも似る二人のあいだに、鏘々として、火花が散った。しかし彼の長剣も、林冲の長巻も、幾十となくその秘術を尽しあったが、どっちも、相手の一髪すら斬ってはいない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)