“厨人”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れども小説中に料理法を点綴するはその一致せざること懐石料理に牛豚の肉を盛るごとし。厨人の労苦尋常にえて口にするもの味を感ぜざるべし。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
仏と問答してたちまち悟り、病死して無熱天に生まれた。仏いわく、過去に一城の王好んで肉を食らう。時に王に求むる所ある者、鶏を献じ、王これを厨人に渡し汁にかしめた。
有名なる夜会の事とて一千有余名の来賓につるその献立の如何按配され、厨人の如何に苦心せしやは料理法に重きを置かるる者の等しく知らんと欲するならん。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)