“南蠻鐵”の読み方と例文
新字:南蛮鉄
読み方割合
なんばんてつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れはかつたが、このには南蠻鐵筋金つてゐるとふほどの自信がある。きにいてゐるが、ぽん/\とつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
「さうかと言つて、南蠻鐵を冠つて行くわけにも行くまいぢやないか」
南蠻鐵をぞ、くわつとばかりに開いたる。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)