“加餐:かさん” の例文
“加餐:かさん”を含む作品の著者(上位)作品数
正岡容2
小金井喜美子1
蒲 松齢1
高浜虚子1
“加餐:かさん”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
政之。御令妹このほど御歌は上達、感入かんじいり候也。書余譲後信こうしんにゆずる。努力加餐かさん。不宣。七月十一日。応渠再拝。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
私は、それを固く信じて疑わないとともに、それだけにまた我が文楽の自愛、自重、加餐かさんを、切に切に衷心から祈って止まないものである。
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)
あめ又病むときく加餐かさんせよ
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
くれぐれも加餐かさんを祈ってやまない。
随筆 寄席囃子 (新字新仮名) / 正岡容(著)
君に勧む加餐かさんせよ
翩翩 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
PR