“割戻”の読み方と例文
読み方割合
わりもど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お毒樣です。——おつれはもうひません。……切符はチツキをれませんから、代價割戻しが出來ます。」
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
編輯長へは内々で割戻しの礼金も渡してしまい、部下の記者は待合に連れて来て酒肴振舞い芸者をあてがう腹である。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
学校の方へ割戻します
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)