“典韋”の読み方と例文
読み方割合
てんい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わけても、陳留典韋は、手飼いの武者数百人をつれて、仕官を望んで来た。身丈は一丈に近く眼は百錬の鏡のようだった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「去年、やはりこの地に張繍を攻めて、自分の油断から、典韋を討死させてしまった。……典韋の死を傷んで、ついその折の事どもを思い出したのだ」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夏侯惇夏侯淵曹仁曹洪など直臣中の直臣は、それぞれ将軍にのぼり、楽進李典徐晃などの勇将はみな校尉に叙せられ、許褚典韋都尉に挙げられた。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)