“入毛”の読み方と例文
読み方割合
いれげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当世風の厚化粧入毛沢山の庇髪にダイヤモンドちりばめ女優好みの頬紅さしたるよりも洗髪に湯上りの薄化粧うれしく思ふにはダリヤ
一夕 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
人間の頭へは決して鱗の逆に向た毛のる者では有りません、の様な事がてもた儘の毛に逆髪は有ません、然るに此三本の内に一本逆毛が有るとは何故でしょう即ち此一本は入毛です
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
彼女が白粉と入毛擬造の宝石とを以て、破壊の「時」と戦へる其のは孤城落日の悲壮美を示さずや。
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)