“入棺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にふくわん80.0%
にゅうかん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上には親類の年寄が二三人と、嫁のお清が、まだ入棺も濟まぬ死骸の前に、つぽく坐つて引つ切りなしに線香を上げて居るのでした。
お吉の死體は手輕に檢屍が濟んで、階下の六疊に寢かしてありますが、さすがに手が廻り兼ねて、まだ入棺してゐないのは、幸せでした。
平次は井戸端をそれくらいにして、家の中へ入って、いちおう通夜の衆を退かせると、入棺してある仏様を調べました。
死骸には甲冑を着せ、太刀をかせ、六具をうてめしく武装した身装入棺したとのことである。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)