“側道”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わきみち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“側道”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ジャン・ヴァルジャンは側道わきみちのうちに、建築材置き場の門の所に置いてある木材の上に腰をおろしていた。
今夜は雨が降るかも知れません、私はちょっと側道わきみちれるところがございますから
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)