“側道”の読み方と例文
読み方割合
わきみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今夜は雨が降るかも知れません、私はちょっと側道れるところがございますから、これで失礼を致します
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ジャン・ヴァルジャンは側道のうちに、建築材置き場の門の所に置いてある木材の上に腰をおろしていた。彼は顔を往来の方に向け、背中を東に向けていた。
俊子が一人離れて側道れてしまへばそれでいゝのだが、帰途の都合からそのなかの一人と途連になるやうな事があると、の二人は何だか物寂しい、されたやうな気持になるのださうだ。