“侍分”の読み方と例文
読み方割合
さむらいぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日をいてあるまじき日はまさに明けようとするぞ。手柄あれ各〻。侍分にはわけてもみ参らすぞよ。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もっとも私の家も侍分ではなかった。派出付合をしなければならない名主という町人であった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
侍分の子で十三四歳ぐらいのが附いて居り、殿様はきっと固く引詰めて、芝居でいたす忠臣蔵の若狭之助のように眼がし上っているのは、疳癪持というのではありません。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)