“何里”の読み方と例文
読み方割合
なんり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目のとどくかぎり、十何里、ただ一の青ずすきが、うねうねと風のままに波にたる、波を立てている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
して歩行まんとしけるに是まで何里なき道を走りたる事故大いに足を痛め歩行難きを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
伊那へは、から何里ですな。」
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)