“佐分利五郎次”の読み方と例文
読み方割合
さぶりごろうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ではしばらくここにて四ほうを観望なさるがなにより。おお佐分利五郎次組子はやぶれた、ああ足助主水正もたちまちのねずみ……」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天野刑部月山流達者とて、刃渡り一鉈薙刀をふるってりゅうりゅうとせまり、佐分利五郎次は陣刀せんせんとりつけてくる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さすがの彼女もびっくりして、のあなたへ走りだすと、そのまえに、四天王佐分利五郎次が、八、九人の武士とともに、ぶすまをつくってあらわれた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)