“位階”の読み方と例文
読み方割合
いかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの上層の位階にある人の来市を待つために多額の復興資金が庁より付与され、ルネッサンス式の建築の黄金塔のそびえる庁舎を中心にして
スポールティフな娼婦 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
話は横道にはいるようであるが、折々、我が国においても実業家に位階けらるるとか、あるいは叙勲せらるべしという議論がさかんに行われる。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
それにこれ異變があるに、奉幣使して祭祀ひ、神田寄進し、位階勳等めて神慮るのが、朝廷慣例であつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)