“人差指”の読み方と例文
読み方割合
ひとさしゆび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帽子屋さんはそれを人差指のさきにのっけて、カチ合せて見ると、チンチンとよい音がしましたので、これは木の葉じゃない、ほんとのお金だと思いましたので
手袋を買いに (新字新仮名) / 新美南吉(著)
第一は左手の拇指人差指尖端二ヶ所に、喰いいったような探い傷があること、同様な傷が又両足の裏にもあるのであったが、く小さい上に血のにじみ出た形跡もないので
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そしてまわっているかいないかわからないほどんでいる地上の魔独楽に目をすえてし合ったが、蛾次郎は得意になって独楽の心棒人差指の頭にすくいとり、ピョンとへ乗せたかと思うと
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)