“交替”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうたい62.5%
いれかはり12.5%
かたみがわり12.5%
かわりあ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“交替”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——おりから、ちょうど交替こうたいの警官が来たのをさいわい、娘をつれ、出張中の捜査本部のある竹柴村たけしばむらへおりていった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
一同は不安に顔を見あわした。ふいに何者かの襲撃しゅうげきを受けないともかぎらないので、ふたりずつ交替こうたいに休むことにした。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
そこに居た橇曳が出て行つて了ふと、交替いれかはりに他の男が入つて来る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「いや艶めかしいさと言葉と白無垢鉄火の強白こわせりふ交替かたみがわりに使われちゃどうにも俺ら手が出ねえ。一体おめえは何者だね?」
村井長庵記名の傘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それかあらぬか、地の女好きにこの探索さぐりの心が手伝って、町内の若い者が三、四人、毎夜のように交替かわりあって近江屋の前からお艶の後をけつけしたが、本八丁堀を戌亥いぬいへ突っ切って正覚橋を渡り終ると