“二股膏薬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふたまたこうやく75.0%
ふたまたごうやく25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いやいやご夫人、驚きたもうな。この不義者を誅罰してから、それがしの古城へお迎えします。こんな二股膏薬にだまされてはいけませんぞ」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
加之、久しく日支両帝国の間に介在していたので、自然二股膏薬主義を取らなければならないようになったのである。
沖縄人の最大欠点 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
ねえアリョーシャ、君はいつも二股膏薬だけれど、とにかく本当のことを言うから、聞いてみるんだが、いったい君はこのことを考えてたのか、それとも考えていなかったのかい?