“乳酪”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にゅうらく33.3%
にゆうらく33.3%
バタ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳酪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうして大江のにおい深い色の推移、それが同じく緋となり、褪紅となり、やわらかな乳酪にゅうらく色となり、藤紫となり、瑠璃紺るりこんうわびかりとなった。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
晝はひねもす、乳酪にゆうらくさじにまみれて、飛び超えて、
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
さみどりのキヤベツの地より湧くところ人つくりをり新しき乳酪バタ
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)