“ミルク”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:みるく
語句割合
牛乳75.0%
乳白12.5%
乳酪12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は、釣籠井戸から汲まれる冷水で顔を洗ふと、もう家には上らずに蜜柑の樹の蔭で牛乳ミルクだけを飲んで出かけた。
F村での春 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
人間といふものは、頭に水気が多いとか、霊魂たましひ牛乳ミルクにほひがするとか言つてけなされても、大抵の場合笑つて済まされるものだが、唯胃の腑の事になるとさうは往かない。
女は牛乳ミルクを欲しがる小猫のやうに、美しい舌の先を出してその薬料を受取つた。
けふの夜食やしよくやきパンにジヤムと牛乳ミルクはんとぞ思ふ。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
敵味方とも牛乳ミルクや新しい肉にかつゑてゐるので、うとかして、自分達の塹壕に引張り込まうとするが、ひよつくり頭でも出すと、直ぐ弾丸たまが鳴つて来るので、そんな険呑けんのんな真似も出来なかつた。
その光には、冷たい清冽な敬虔な気品があって、また、それにぼっとした乳白ミルク色の濁りがあるところは、奥底知れない神性の啓示でもあろうか。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
乳酪ミルクを買う銭がないので、ひまをつぶして、あっちこっちと情け深い人の恵みを求め歩いた。
ネギ一束 (新字新仮名) / 田山花袋(著)