“乱世:らんせい” の例文
“乱世:らんせい”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治2
“乱世:らんせい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし、それもそれだが、まったくみじめな、乱世らんせいの子供たちの慈父じふとなる生涯も、けっして悪い目的ではない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小太郎山は、乱世らんせいの中にあってゆるがず、みだされずにある、義血ぎけつの兄弟たちのうちだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そういう人が、わしの子供の時分には、たくさんあった。乱世らんせいならいだ」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)