“九原”の読み方と例文
読み方割合
きゅうげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
未死の幽魂、尋ねんと欲するも、今の処にかある。請う、吾人をして彼を九原の下より起し、少しく彼にいて語らしめよ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
その名家に、万一汚辱を蒙らせるような事があったならば、どうしよう。臣子の分として、九原、板倉家累代の父祖にゆべきは、どこにもない。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
九原 の 青灯に付する無し。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)