“九十九髪”の読み方と例文
読み方割合
つくもがみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
百年に一とせ足らぬ九十九髪」というような人たちの中へ、目もくらむような美しい天女が降って来たように見えるのも
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
百年に一年足らぬ九十九髪われを恋ふらし面影に見ゆ
枕物狂 (新字旧仮名) / 川田順(著)