“中敷”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうじき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はちあがって中敷の障子を体の出られるぐらいに開け、そこからそっと庭へおりて、裸足のままで冷びえした赭土を踏んで往った。
岐阜提灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
二人は婢にいて二階の六畳の室へ往った。中敷になった方の障子が一枚いていた。そこからは愛宕の塔が右斜に見えていた。
雨夜続志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
提燈の落ちたこと白い犬になったこと中敷から裸足でおりたこと、裏門を開けたこと丘の上の石のことそれからい女のこと、皆順序だって思い出されるが
岐阜提灯 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)