“不羈奔放”の読み方と例文
読み方割合
ふきほんぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このような河野磐州の不羈奔放と思想的発展転化の基底にいきづくものは、はたして俗論史家の論断のごとき河野氏累世の尊王精神であったか。
加波山 (新字新仮名) / 服部之総(著)
もう一つおまけに不羈奔放か。ところが反対なんだ。もそもそとしていていも虫だね。頭の鈍いことは極端だ。
メフィスト (新字新仮名) / 小山清(著)