一重ひとかさ)” の例文
それから、また暫くあって、例の一重ひとかさねの衣類を小腋にしたまま、屋形船に帰るところの机竜之助を見ました。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
園子の形見としてその日まで大切にしまって置いた一重ひとかさねの晴着と厚い帯とが、そこに残っていた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
天子てんしさまはたいそう頼政よりまさ手柄てがらをおほめになって、獅子王ししおうというりっぱなつるぎに、おうわぎ一重ひとかさえて、頼政よりまさにおやりになりました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
と言って、大野屋の娘に付き添いの男が祝いの供えもち一重ひとかさねをお粂や宗太への土産にくれた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
撫でてみて、はじめて、かなりに長い箱だと感触したが、それが白木であって、手ざわりからすれば、当然寝棺と気のつくまでに、竜之助の手先に触れたのは、その寝棺の上にふわりと打ちかけてあった、一重ひとかさねの衣類でした。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「いいえ、それができません、これから直ぐに通さなければなりません、仔細はあとでおわかりになりますが、おかみさん、あなたの着古しでもなんでもよろしうございますから、上から下までそっくり一重ひとかさねと、それからあなたのお手許で御都合のできるだけのお金をお貸し下さいませ」
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)