“一微塵”の読み方と例文
読み方割合
いちみじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満腹の饒舌して、あくまでこの調子を破ろうとする親方は、早く一微塵となって、怡々たる春光に浮遊している。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一年中最も楽しい秋の盛岡——大穹窿が無辺際に澄み切つて、空中には一微塵の影もなく、田舎口から入つて来る炭売薪売の馬の、冴えた/\鈴の音が、中央まで明瞭響く程透徹であることや
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しかし彼の長い蒼白相貌一微塵だも動いておらんから、彼の心のうちは無論わからない。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)