“微塵流”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みじんりゅう50.0%
みぢんりう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
愛宕山太郎坊、夜な夜なわがもとに忍んで極意秘術をけるといい広め、そこで名づけたのがこの微塵流
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
微塵流ひ手で、さる大藩の指南番までした人物ださうだ」