“やたがらす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
八咫烏85.7%
八咫鴉14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鹿は春日かすがの第一殿鹿島かしまの神の神幸みゆきの時乗りたまいし「鹿」から、からす熊野くまの八咫烏やたがらすの縁で
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
依つてまず八咫烏やたがらすを遣つて、「今天の神の御子がおいでになりました。お前方はお仕え申し上げるか」と問わしめました。
この宇陀には、兄宇迦斯えうかし弟宇迦斯おとうかしというきょうだいのあらくれ者がおりました。命はその二人のところへ八咫烏やたがらすを使いにお出しになって、
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
あるいはまた八咫烏やたがらすが皇軍の道しるべをしたとあると、その八咫烏は人の名であると解釈する。
神代史の研究法 (新字新仮名) / 津田左右吉(著)
ここにまた高木の神の御命令でお教えになるには、「天の神の御子よ、これより奧にはおはいりなさいますな。惡い神が澤山おります。今天から八咫烏やたがらすをよこしましよう。その八咫烏が導きするでしようから、その後よりおいでなさい」とお教え申しました。
あの大きい八咫鴉やたがらすは今度はいつこの木のこずえへもう一度姿をあらわすであろう? ああ、未来の天才はまだそれらの実の中に何人とも知らず眠っている。
桃太郎 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
しかしある寂しい朝、運命は一羽の八咫鴉やたがらすになり、さっとその枝へおろして来た。
桃太郎 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)