“もえぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
萌黄77.6%
萌葱11.2%
萠黄9.8%
燃木0.7%
萠葱0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
萌黄色に見える火の光ともまた見ようによっては蓴菜の茎のようにも見えるものが、眼の前に一めんに立っているように思われてきた。
萌黄色の茎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
柳の色の厚織物の細長に下へ萌葱かと思われる小袿を着て、薄物の簡単なをつけて卑下した姿も感じがよくてずらわしくは少しも見えなかった。
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)
廻禮の麻裃や、供の萠黄の風呂敷が、チラリホラリと通るだけ、兩側の店も全く締めて、松飾りだけが、青々と町の風情を添へて居ります。
彼は燃木が火から救ひ出されると同じやうな恩惠を願ひ乞ひ求めた。