“めいもく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
瞑目89.8%
名目6.8%
瞑黙1.7%
冥目0.8%
冥黙0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして一八二三年かれが死ぬまでには、かれの説は不朽のものとしてみとめられ、かれは大満足のうちに、瞑目したのであります。
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
「それもあるだろう。それはたしかに事をおこす名目にはなる。しかし、今度のことは、おそらく陸軍内部の派閥争いに直接の原因があるだろう。」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
玲瓏と頭上に輝き渡り、荒川の激湍えて、眼下に白玉を砕く、暖き春の日ならんには、目を上げて心酔ふべき天景も、吹き上ぐる川風に、客は皆な首を縮めて瞑黙
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
その報せを、父は隣室で冥目したまま聴いた。そして暫くすると、自分の部屋で告別したいといふ希望を申し出た。
母たち (新字旧仮名) / 神西清(著)
社会の状態かくの如し、外交問題激起せざるも、到底革命はるべからざるなり。してさらに甚しきものあり。精神的革命の冥黙の中に成就せられつつあることこれなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)