“ひたち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
常陸98.3%
常道1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八州廻りの目あかしの中でも古狸の名を取っている常陸屋の長次郎が代官屋敷の門をくぐって、代官の手附の宮坂市五郎に逢った。
半七捕物帳:24 小女郎狐 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
かけ初めと称して子供が七歳になる迄、毎年この日には年の数よりも一つ多い餅をにとおし、に掛けさせる習いが常陸にはあった。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
常道の仲の國の造、長狹の國の造、伊勢の船木の直、尾張の丹波の臣、島田の臣等が祖なり。
意富小子部の連・坂合部の連・火の君・大分の君・阿蘇の君・筑紫の三家の連・雀部の臣・雀部の小長谷の造・都祁伊余の國の造・科野の國の造・道の奧の石城の國の造・常道の仲の國の造・長狹の國の造・伊勢の船木の直・尾張の丹羽の臣・島田の臣等の祖先です。