“にぎや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、蹄の音がまだ消えるか、消えないうちに、たちまち屈託のない、野放図な百姓たちの笑い声が、かに雲のようにきあがる。
南方郵信 (新字新仮名) / 中村地平(著)
異人館の丘の崖端から川を見下ろすと、昼間見る川はかだつた。河原の砂利に低く葭簾の屋根を並べて、遊び茶屋が出来てゐた。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
障礙物は巡査派出所だが、これはどちらにも一箇所ずつある。そこで利害を比較すれば、只かな切通しを避けて、寂しい無縁坂を取ると云うことに帰着する。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)