“なべぶた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鍋蓋88.9%
鍋葢11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「気のせいで熱が出るんだから、気のせいでそれがまたすぐ除れるんだろうよ。髪剃でなくったって、杓子しゃくしでも鍋蓋なべぶたでも同じ事さ」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これを見るもの、その内部に入れば、鍋蓋なべぶた一枚を置いてあったという話も同じことじゃ。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
おつぎは鍋葢なべぶたをとつていつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)