“ななそじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
七十路60.0%
七十40.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縁側もない破屋あばらやの、横に長いのを二室ふたまにした、古びゆがんだ柱の根に、よわい七十路ななそじに余る一人のおうな、糸をつて車をぶう/\、しずかにぶう/\。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ひとりのこりぬ七十路ななそじの身の
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
と苦い顔を渋くした、同伴つれの老人は、まだ、その上を四つ五つで、やがて七十ななそじなるべし。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
年紀とし七十ななそじあまりの、髪の真白まっしろな、顔のひらたい、年紀の割にしわの少い、色の黄な、耳の遠い、身体からだにおう、骨の軟かそうな、挙動ふるまいのくなくなした、なおそのことばに従えば、金色こんじきに目の光るおうなとより、銑太郎は他に答うるすべを知らなかった。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)