“ちきしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
畜生100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「随分酷いのね。」と、お葉は落葉を掴んで起上ったが、やがて畜生と叫んで、葉を七兵衛の横面に叩き付けた。眼潰しを食って老爺も慌てた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「ふむ、悪い奴だね」お島は首をげた。「畜生、私をんでいるんだ。だがミシンがなくちゃ為様がないね」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
噛みはせぬが、威嚇する。彼が流浪時代に子供にめられた復讎心が消えぬのである。子供と云えば、日本の子供はなぜ犬猫を可愛がらぬのであろう。直ぐ畜生と云っては打ったり石を投げたりする。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)