“ちくしよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
畜生75.0%
蓄妾25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代助からふと寧ろ賛成な位なもので、を置く余裕のないものにつて、蓄妾の攻撃をするんだと考へてゐる。親爺は又大分八釜である。小供のうちは心魂して困却した事がある。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)