“しろかは”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白川50.0%
白革50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このために阿蘇郡南半たる南郷谷めてれる白川文字通乳白色となり、魚介死滅せしめることがある。北方阿蘇谷黒川り、兩方相會する外輪山外方る。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
御腰蓑には白熊、鞭をおびられ、白革のお弓懸には、桐のとうの御紋あり、猩々皮御沓に、お行縢は金に虎のを縫ひ、御鞍重ね、泥障り、御手綱、腹巻、馬の尾袋まで、紅の房
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)