“しよてう”の漢字の書き方と例文
カタカナ:シヨテウ
語句割合
諸鳥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おのれが人物を驕慢し、孔雀の羽根を見つけて此処かしこにまとひ、爾余諸鳥をば大きにしめ、わがはあるまじいと飛び廻れば、諸鳥安からず思ひ
孔雀 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
れながらかんがへぶへき事なり然るに舜帝のつゝみ世こぞつて諫鼓のつゝみと其後なく天下よく此君にしたがひになつきければ其皷自然とほこりたまり諸鳥も來りて
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)