“しようけん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
証験50.0%
證劵50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堀のためには、中泉が英太郎の手から受け取つて出した書付の内容は、未知の事の発明ではなくて、既知の事の証験として期待せられてゐるのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
しいきたと證劵飽迄りたかつたには、きた現在と、かられやうとする未來が、當面問題であつたけれども、えかゝる過去
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)