証験しようけん)” の例文
堀のためには、中泉が英太郎の手から受け取つて出した書付の内容は、未知の事の発明ではなくて、既知の事の証験として期待せられてゐるのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)