“しゃじゅつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
射術50.0%
写術50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いよいよ第一日の一試合は、太子流強弓をひく氏家十左衛門と、大和流軟弓をとっての名人長谷川監物との射術くらべで口火を切ることになった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
などで、ちょっとからみてもその階級さまざまで人数ももっとも多いけれど、射術馬術の方になると、およそ世上定評のある一の人やその門下の名が多い。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それにはじまって、両派射術くらべが、うなりましく、試合口火をきった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かの女達が伯林で、現在眼の前の実物を観ら、その建築物の写真の載った写真帖など見並べると、驚くの写真の方が、線の影や深味が、精巧な怜悧写術によって附加されている。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)