“ざんき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
慚愧83.6%
慙愧15.8%
懺愧0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
慚愧の冷汗やら、散々なことでありましたが、それにつけても思うには、男と生まれて、こんな馬鹿気真似の出来るものではない。
時としては目下の富貴に安んじて安楽豪奢余念なき折柄、また時としては旧時の惨状うて慙愧の念をおし、一喜一憂一哀一楽
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
これらの話を、だまって聞いていた私は、悲痛と、懺愧と、自責と、悔恨とのために、いくたび昏倒しかかったか知れなかった。
秘密 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)