“ごうりゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
劫掠54.5%
拷掠18.2%
劫略9.1%
強掠9.1%
拷椋9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
劉万戸はそれを好まなかったが、辞することもできないので、夫人を伴れて京師へ向ったところで、張士誠という乱賊が蘇州に拠って劫掠ごうりゃくをはじめていた。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
温泉などが湧き出してまことに住みよい土地であったが、黒姫山の山寨から地丸左陣の手下の者が時々大挙して劫掠ごうりゃくに来るので、村は富むことが出来なかった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
八寸釘を、横に打つようなこの拷掠ごうりゃくに、ひッつる肌に青い筋のうねるのさえ、紫色にのたうちつつも、お澄は声も立てず、呼吸いきさえせぬのである。
鷭狩 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私の偏執と自我と自尊と嫉妬のために、せんずるにはげしい恋のために、——三年の間、に、日に、短銃ピストルを持たせられた、血を絞り、肉を刻み、骨を砂利にするような拷掠ごうりゃくに、よくもこの手が、鉄にも鉛にもなりませんでした。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ことに法律でさえ保障しているような範囲内にまで、労働者を搾取し劫略ごうりゃくすることは
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
「何んと豪奢ごうしゃな住居ではないかの。不義の快楽の見本とでも云おうか。いずれ強掠ごうりゃくしたものであろう」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いやいや人てに聞くところでは、娘の行方ゆくえは解らねど、男子は御嶽山に立てこもり、御嶽冠者と名をなのり、附近の豪族を強掠ごうりゃくして、金銀財宝をあつめたり、多くの手下を駆り集め、ときどき木曽へも出没して、館の周囲に立ち廻わり
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
『嶺表録異』に、晋安州で蚺蛇を養い胆を取りて上貢としたと載せ、『五雑俎』に、〈蚺蛇大にして能く鹿を呑む、その胆一粟を口にふくめば、拷椋ごうりゃく百数といえどもついに死せず、ただし性大寒にして能く陽道を萎せしめ人をして子なからしむ〉。