“こんにち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
今日99.8%
現代0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加之が悪い。雪融けの時などには、夜は迂濶歩けない位であった。しかし今日のように追剥出歯亀の噂などは甚だ稀であった。
思い出草 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
十三世紀におけるフィレンツェの生活を知らなかったとしたら、自分は神曲を、今日の如く鑑賞する事は出来なかったのに相違ない。
野呂松人形 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
(天国のような名刀が、二本も三本も、現代に残っている筈はない。あの天国さえ打ち砕いてしまったら)
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)