“くさくさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鬱々71.4%
怏々14.3%
悒悒14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、肩の物といっしょに、胸の中の鬱々くさくさまで、束にして、おっぽり出すように、がちゃんと、土間の地面へ大きな音をひびかせた。
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『おれなぞは、鬱々くさくさすれば、こうして酒をのんで、ごろりと手枕てまくらになれるから、まだ有難いが……』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
倉持は空腹を感じていたので、料理と酒を註文ちゅうもんし、今母のいた部屋で、気仙沼けせんぬま烏賊いかの刺身でみはじめ、銀子も怏々くさくさするので呑んだ。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
何とか言って来るかなと思って、私も何だか怏々くさくさしていると、とても長い手紙が来たの。何だかむずかしいことが書いてあったけれど、結局、女は一旦その男のものとなった以上、絶対に信頼して服従しなければいけない。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
悒悒くさくさしたときによく伸びるといふ
忘春詩集:02 忘春詩集 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)