“くよくよ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鬱々50.0%
悒々25.0%
欝々25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一刻いっときでも、半日でも、鬱々くよくよしちゃあ損だ。おたがい様に、死ぬなら笑って死のうじゃありませんか。花見に行って、つまずいて死ぬ奴すらある。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「……二人で暮らしましょう。露八さん、私は浜中屋を出てもいい。だから貴方もきずなや世間態に鬱々くよくよしないで、短い世を、お互いに楽しもうじゃありませんか」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ばかな。何を鬱々くよくよ
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わたしはそういう気じゃほどに、かならず短気な心を出したり、悒々くよくよしてわずらわぬようにしてくださんせ。なに、お江戸ばかりに日は照りませぬ。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
『もう、あきらめている! 何も欝々くよくよしていないつもりだが』
死んだ千鳥 (新字新仮名) / 吉川英治(著)