“おやつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
半食33.3%
茶菓子33.3%
間食33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
磯は更に一椀けながら「は今日半食を食わないのだ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
三時の茶菓子に、安藤坂紅谷最中を食べてから、母上を相手に、飯事の遊びをするかせぬ、障子に映るい夕陽の影の見る見る消えて、西風の音、樹木に響き、座敷の床間の黒い壁が
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
ところが、三月になつて、年米をく時に、稻舂き女たちに間食をやらうと家室さんが碓屋にはいつてゆくと、彼の犬の仔が吠えておつかけた。
春宵戯語 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)